レイテ島、小さな川。
b0023723_11121317.jpg

レイテ島南部のリロアンから南西海岸に南下してサンフランシスコの手前の川でバイクを洗っている人を見つけました。この付近の水は清流のように澄み切っています。リロアンはレイテと陸続きでは無く橋で結ばれています。リロアンが有る島はパナオン島(Panaon Is.)と言います。マニラからバスでミンダナオ島のダバオに行く場合は必ずリロアンを通ります。  
[PR]
# by malate | 2004-11-27 11:13 | 風景写真
セブ、マクタンブリッジ。
b0023723_855115.jpg

セブ空港はマクタン島に有ります。マニラからフィリピンの国内線に乗るとマクタン島に到着します。マクタン島からセブには2本の橋が有り、古い方の橋が写真のマクタン大橋です。現地では「オールド・ブリッジ」と言えばこの橋の事です。セブに行った人は渡った事が有ると思いますが、この角度からの写真はあまり見られた事が無いと思います。でも、下から見上げる橋も良いてすョ。(^-^)

セブ港の第一桟橋から第四桟橋迄はボーホール・レイテ・サマール等の離島便が就航しています。更に中形のバンカーボートも空いている桟橋から近距離の路線を移動します。北に向う船からはこのように橋を見上げる事が出来ます。

貴方も、セブとマクタンに架かる大橋を下から見上げてみませんか?
[PR]
# by malate | 2004-11-27 09:06 | 風景写真
食材・海ブドウ。
b0023723_8345785.jpg

沖縄名産の海ブドウです。この写真は沖縄では無く、フィリピンのサマール島・カルバヨグの公営市場で売られていました。写真で見られる海ブドウは沖縄で売られているものと食感も味も全く同じ物でした。海ブドウは小指の先程の大きな粒に成長する種類がありますが、これは絶品です。市場で見かけたら必ず買って来ます。海ブドウの鮮度が大切です。朝、収穫した物を夕刻に食べるとやはり風味が落ちます。カルバヨグには収穫した直後に漁師が売りに来ます。

貴方も、最高の風味と舌触りの海ブドウを食べに来ませんか?
[PR]
# by malate | 2004-11-27 08:44 | 食物や飲物
ビリラン島の水牛。
b0023723_1115431.jpg

この写真は、ビリラン島のアルメリア郊外で写しました。アルメニアはのどかな田園地帯が広がる静かな農村地帯です。水牛はフィリピンの言葉で「カラパオ」と言います。地方によっては「カラバオ」とパが濁って聞こえる事も有ります。カラパオは、とても恥ずかしがり屋さんなので、カメラを向けると逃げて行きます。でも、しばらく座ってカメラを構えているとゆっくりと動きだします。このような小川にはカラパオが身体を沈める為に掘った穴があちこちに有ります。自分で掘った穴に足を取られて前のめりになったり、近くの草を食べたり、見ていると時が過ぎるのを忘れる程の愛嬌が有ります。

貴方もカラパオを見かけたら、しばらく座り込んで観察をしませんか? 可愛いカラパオがきっとお気に入りに成りますョ。
[PR]
# by malate | 2004-11-21 11:19 | 生物や植物
フィリピンのおばはん。
b0023723_7172295.jpg

アジアの女性はパワフルです。特にフィリピンは母系家族なので母親の家庭内での権力(?)は絶大な物です。この写真は田舎町のサリサリストアーですが、彼女らは経営と家事の総てをこなします。普段はのんびりとしているように見えますが、卸しの業者が来るとライターやボールペン等の不良品の文句を長々と述べた後に、○○の業者はライター(一ケース100個入り)にボールペンが10本サービスで付いていたけど、貴方は何もサービスしない。等と、宣まわられます。

クリスマスが近く成ると飼育していた豚が屠殺されて販売の為に小分けされます。豚を処理するのは男達ですが、母親は、秤の前で各々の肉を計量して細かくノートに記入します。数量の記入が終わると、子供達が近所に売りに回ります。勿論値段を決めるのは母親です。

おばはんが最強の力を発揮するのは、村祭りの当日です。招待客の為の料理を作るのですが、男達の出る幕は一切無く、家の中に入る事さえ許されません。家を追い出された男達は広場や路地の片隅で車座になって酒を飲んで世間話をします。お昼頃には料理も出来上がり、招待客も三々五々と集まって来ます。ここでも主人は母親で娘達や男達に料理の運搬や飲物の手配を指示します。

何やら纏まりの無い話に成りました。「おばはん」と言うテーマは難しいですョ。(ボソッ)
[PR]
# by malate | 2004-11-19 07:49 | 人々の暮らし