ミンダナオ東北部の町。
b0023723_9224048.jpg

フィリピン・レイテ島のマーシン(Maasin)から深夜2時発のフェリーに乗ってミンダナオ島のスリガオ(Surigao)に午前7時に到着しました。寝ぼけた頭を抱えてバスターミナルに行き、カガヤン・デ・オロ(Cagayan De Oro)行きのバスに乗りました。前日からの睡眠不足が頂点に達して、バスの心地良い振動に熟睡してしまいました。バスはやがて別の町のバスターミナルに到着しました。虚ろな目を開けて写真を撮りましたが、「ここは何所なの???」と言う状態です。デジカメに残されている時間で判断すると、ブッアン(Butuan)と思います。

話は変わりますが、スリガオ(Surigao)はスリガオ・デル・ノルテ(Surigao Del Norte)=「北スリガオ州」の州都です。ブッアン(Butuan)はアグサン・デル・ノルテ(Agusan Del Norte)=「北アグサン州」の州都に成ります。気ずかれた人もいらっしゃるでしょうが、スペイン語の綴りと読みですね。ミンダナオ島では南のサンボアンガ(Zamboanga)でも、スペイン語に近い言葉を耳にします。ミンダナオ島に何故、多くのスペイン語が残ったのか? 等も研究も面白いテーマだと思います。

あなたも、ミンダナオに来て話されている言葉を聞いて見ませんか?
[PR]
# by malate | 2004-12-05 09:59 | 町の様子
フィリピンのおっちゃん。
b0023723_775314.jpg

やはり、「おっちゃん」と言えば仕事をしている姿が一番似合うような気がします。彼等は飛行機の整備士ですが、着陸したら直ぐに点検を始めて素早く終わらせる、Asia Spirit航空の技術者です。機体は古いのですが、調子良く飛びます。日本で定年を迎えたYS-11も機材として第2の人生をAsia Spirit航空で過ごしています。彼等は、YS-11がとても良い飛行機だと言います。そう言えばYS-11はフィリピンで墜落した事がありません。

写真の飛行機はYS-11ではありません。2003年末に導入されたYS-11と同じようなスタイルをした飛行機です。名前は調べて後日掲載します。
[PR]
# by malate | 2004-12-05 07:19 | 仕事
セブ大聖堂の祭壇。
b0023723_864747.jpg


セブ大聖堂の祭壇です。セブ大聖堂はサント・ニーニョ教会の近くに有り歩いていける距離です。正面の入口には一対の狛犬が飾られています。旅行社の市内観光コースに無い場合も有りますが、一度は訪れたい教会です。作られたのは1600年初期で、フィリピンの教会の歴史を知る上でも重要な建物です。内部はシンプルでピンクのライトが印象的です。
[PR]
# by malate | 2004-12-04 08:16 | 歴史の有る教会
高速艇スーパーキャット。
b0023723_1262465.jpg

セブとレイテ島のオルモックを往復している高速船で、名前はスーパーキャットと言います。この区間はフェリーで4-5時間かかりますが、スーパーキャットは1時間半程度の時間でセブとオルモックを結んでいます。セブ島からレイテ島にはオーシャンジェットと言う船会社がレイテ南部のバイバイ・ヒノゴス・パドレブルゴス等に航路を持っています。オーシャンジェットはセブ港の第一桟橋で、スーパーキャットは第四桟橋から出港しています。  

ブログ内の総ての写真はクリックするとフルサイズに成ります。

フィリピンの事をもっと沢山、知りたい人はフィリピン冒険旅行の掲示板に足跡やコメント・御質問を気楽に書いて下さい。
[PR]
# by malate | 2004-11-27 12:08 | 乗物
レイテ島、サントニーニョ博物館。
b0023723_1223615.jpg

レイテ島の州都・タクロバン市に有るサント・ニーニョ博物館です。サント・ニーニョは幼児のキリスト像の事で、フィリピンでは多くの家庭で祀られています。博物館にはサント・ニーニョに関する物や、マルコス大統領(前)のイメルダ夫人の貴重なプライベートな生活空間を見る事が出来ます。  
[PR]
# by malate | 2004-11-27 12:03 | 町の様子