<   2004年 11月 ( 40 )   > この月の画像一覧
高速艇スーパーキャット。
b0023723_1262465.jpg

セブとレイテ島のオルモックを往復している高速船で、名前はスーパーキャットと言います。この区間はフェリーで4-5時間かかりますが、スーパーキャットは1時間半程度の時間でセブとオルモックを結んでいます。セブ島からレイテ島にはオーシャンジェットと言う船会社がレイテ南部のバイバイ・ヒノゴス・パドレブルゴス等に航路を持っています。オーシャンジェットはセブ港の第一桟橋で、スーパーキャットは第四桟橋から出港しています。  

ブログ内の総ての写真はクリックするとフルサイズに成ります。

フィリピンの事をもっと沢山、知りたい人はフィリピン冒険旅行の掲示板に足跡やコメント・御質問を気楽に書いて下さい。
[PR]
by malate | 2004-11-27 12:08 | 乗物
レイテ島、サントニーニョ博物館。
b0023723_1223615.jpg

レイテ島の州都・タクロバン市に有るサント・ニーニョ博物館です。サント・ニーニョは幼児のキリスト像の事で、フィリピンでは多くの家庭で祀られています。博物館にはサント・ニーニョに関する物や、マルコス大統領(前)のイメルダ夫人の貴重なプライベートな生活空間を見る事が出来ます。  
[PR]
by malate | 2004-11-27 12:03 | 町の様子
サマール島の朝焼け。
b0023723_11591369.jpg

フィリピンの東部ビザヤに位置する、レイテ島タクロバン市の「レイテ・パーク・リゾート・ホテル」から見える、サマール島の朝焼けです。  
[PR]
by malate | 2004-11-27 12:00 | 風景写真
戦争で破壊された教会。
b0023723_11562919.jpg

レイテ島のタクロバン市から東部海岸道路を約40キロ南下すると、ドラグ(Duiag)町に到着します。途中の道路は舗装が綺麗なので快適なドライブができます。太平洋戦争時代のドラグ町には、日本軍が使用していた飛行場がありましたので、米軍の艦砲射撃や空爆で町全体が破壊され尽くしました。当時は海岸から山の梺迄見渡せる程<視界が開けていて、この教会のみがひっそりと残されていたそうです。  
[PR]
by malate | 2004-11-27 11:57 | 歴史の有る教会
レイテ島、1000キロポスト。
b0023723_11532832.jpg

フィリピンの道路を走っていると、このような標識が目につきます。数字は、首都のマニラから1000キロ地点で裏にはビリラン(Bilian)町迄6キロ(B6)と言う事が表示されています。この標識で現在地点を知る事ができますし、次の町迄の距離が判ります。ちなみにのL11のLはレイテ島北西部のレイテ(Leyte)町の頭文字ですからレイテ町から11キロはなれていると言う事に成ります。この標識は1キロの間隔で建てられていますので、移動する時には欠かせない標識です。

追記:レイテ島やサマール島にはS.C.M,等の頭文字が続けて出て来る場所も有ります。南レイテのマーシン町は北からマタロム(Matalom)、マーシン(Maasin)、マクロホン(Macrohon)と3ケ所のMがあり、ぼんやりとして運転していると現在地が判らなく成る事が有ります。(^-^)  
[PR]
by malate | 2004-11-27 11:53 | 風景写真
ビリラン島、ナバル港の夕焼け。
b0023723_11485814.jpg

旅情を偲ぶとやはり1日の終わりの落陽です。ナバルはレイテ北部のビリラン島で一番大きな港が有ります。この写真は夕涼みに来ていた親子が戯れている姿を影絵のような感覚で撮ってみました。南国の夕焼けは綺麗なので何時迄も脳裏に鮮やかなオレンジ色が残ります。  
[PR]
by malate | 2004-11-27 11:50 | 風景写真
レイテ島、バイバイ町のバスターミナル。
b0023723_11454030.jpg

バイバイ町はレイテ島西部海岸の中央付近に有るレイテ島の交通の要所です。セブからは高速艇のオーシャンジェットが往復していますし、このバスターミナルからはマニラやサマール島迄の中・長距離バスやレイテ島の主要な町とローカルなバスで結ばれています。ちなみにマニラとバイバイのバス運行所用時間は25-30時間です。  
[PR]
by malate | 2004-11-27 11:46 | 町の様子
レイテ島、バイバイ町海辺の教会
b0023723_11422069.jpg

フィリピンには15世紀から18世紀後半にかけて多くの教会が作られました。今でも当時の姿のままで修復を繰り返されながら使われています。古い教会はスペインの植民地時代の遺産です。フィリピンの教会を見て回ると実に様々な材料(切り出し珊瑚・河川の石・火山岩・レンガ)等を使っています。建築に適さない岩石しか無いような場所では焼きレンガを使います。焼きレンガを作る「素焼き」の技術はフィリピンの数カ所で今でも見る事が出来ます。  
[PR]
by malate | 2004-11-27 11:42 | 歴史の有る教会
レイテ島、ビラバのバス。
b0023723_1128548.jpg

レイテ島北西部のビラバ(Villba)の町で写したバスです。北西部の海岸通りにあるパロンポン(Palompon)から北に22キロの地点に成ります。ビラバはレイテの1級国道のカナンガ(Kananga)から山を超えて西海岸に出た付近の町です。。ここは大戦時に多くの日本将兵が戦死した場所です。しかし、この付近から山岳地域に入ると折り重なる山々の素晴らしい風景が見られます。  
[PR]
by malate | 2004-11-27 11:29 | 乗物
レイテ島、オルモック港にて。
b0023723_11234248.jpg

これはオルモックの港から荷物を積んでカリガラ叉はイサベルに行くバスです。普段は人を運んでいると思いますが、どうやらチャーターされて荷物を運んでいる様です。フィリピンのバスやジープニーは営業区間が申請によって決まるのでボディに大きく書いている事が有ります。営業区間の許可を申請する場合は大きな町が起点に成る事が多いのでが、このバスはカリガラとイサベル区間の申請をしたので、オルモックからどちらにも営業で走る事が出来ます。 
[PR]
by malate | 2004-11-27 11:26 | 乗物