<   2004年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧
男の食彩。
フィリピンの男性は料理を作るのが上手です。このような姿は至る所で見る事が出来ます。野菜を切っているのは路上ですが、台所が無い家も多いのです。大きな魚や鶏等は井戸の近くで水利の有る場所で解体されます。カルバヨグでは時折2メートルを超える大きさのマグロ(キハダやビンチョウ)等も捕獲されます。大型魚を仕入れて来た仲買人は路上で切身を作りますが、大きな魚の豪快な包丁捌も良く見かけます。
b0023723_10194748.jpg

[PR]
by malate | 2004-09-30 10:18 | 人々の暮らし
エンジン始動(?)。
サマール島のカルバヨグの漁港でエンジンの始動の為にロープを引っ張っています。この漁船はバッテリーが悪いのでは無くセルモーターが動かなくなっていました。エンジンが起これば漁に出かけるのでしょうが、途中でエンジンが止まったら帰港出来なく成ります。実際に出港してから数日も帰って来ない漁船も有ります。魚を捕るのも大変な仕事なのです。
b0023723_1035718.jpg

[PR]
by malate | 2004-09-29 10:33 | 仕事
チャイナタウンの馬車。
マニラのチャイナタウンに有るLRT(高架鉄道)のカリエド駅の近くで客を待っている馬車です。フィリピンのマニラでは馬車の事を「カレッサ」と言います。カレッサは乗物の中で運賃が一番高い乗物です。観光客と料金トラブルも多く発生しているので乗る時には目的地迄の値段の交渉が必要です。最近の料金トラブルは20と数字を言って通貨はペソでは無くドルと言う事も聞いています。ちなみに1ペソは約2円です。値段の交渉はハッキリと「ペソで支払う」と言う表現も必要ですね。
b0023723_15421646.jpg

[PR]
by malate | 2004-09-28 15:40 | 乗物
カルバヨグ空港の滑走路。
フィリピンのドメスチック空港の一つです。ローカルな空港にはレーダー設備や誘導設備が無い空港が有ります。カルバヨグ空港は滑走路のみの空港なので、突然のスコール等で視界が悪く成ると着陸を諦めてマニラに引き返す事が有ります。滑走路の上を飛ぶのは目視による安全確認の為です。カルバヨグへの航路はAsianspiritと言う航空会社が週3便飛んでいます。Asianspiritはエイジアンスピリットと発音しないと空港やチケットオフィスで通じません。(^-^)
b0023723_7043.jpg

[PR]
by malate | 2004-09-28 06:58 | 風景写真
セブ・パシフィック。
フィリピン国内航空のセブ・パシフィックの機体です。マニラ国内空港では搭乗するのに飛行機が駐機している場所迄歩いて行きます。飛行機や飛行場の写真は写し放題なので航空機が好きな人にはhappyな場所です。私も良く航空機の写真を撮りますが場所によっては着陸寸前の航空機を写す事が出来ます。
b0023723_6411953.jpg

[PR]
by malate | 2004-09-28 06:39 | 乗物
夜咲く花。
随分と名前を調べましたが未だに判りません。この花は暗く成ってから開き始めて明け方には落下します。サマール島やレイテ島で夜明け頃に道路に落ちているのを良く見かけていました。開花したのを写真に撮ったのは初めてです。果実はすり潰すと魚を麻痺させる程度の毒があり、ミクロネシアでは今でも魚を取るのに使われていると聞いた事があります。果実は四角の錐状です。

Jollibee さんのお陰でとても良く理解できました。ありがとうございます。

以下は掲示板からのコピーです。
「ごばんのあし (碁盤の脚)」
http://www.botanic.jp/plants-ka/gobann.htm
わが国の南西諸島以南から、東南アジア、ポリネシアに広く分布して
います。海岸の近くに生え、高さは8〜15メートルになります。葉は
長さ30センチほどもあり、革質で光沢があります。「ネムノキ」のよう
な芳香のある花を夜に咲かせますが、朝には落ちてしまいます。果
実は碁盤の脚のようなかたちをしています。これは軽くて海流に乗
り、遠くへ伝播します。また種子のなかには魚毒が含まれ、これを利
用して漁を行うそうです。
サガリバナ科サガリバナ属の常緑高木で、学名は Barringtonia
asiatica。英名は Fish poison tree, Barringtonia。
関緑著「太陽の花たち」より。(photo by Midori Seki)


b0023723_1749595.jpg

[PR]
by malate | 2004-09-25 17:48 | 生物や植物
マッカーサーmonument
レイテ島の北東部のパロの海岸に有るマッカーサーの像です。
b0023723_1739446.jpg

[PR]
by malate | 2004-09-25 17:38 | 風景写真
太平洋戦争
ネグロス・オリエンタル州のバレンシアにある博物館(個人)の入口に飾られている、航空機から落す爆弾の不発弾です。内部には日本軍の小銃や拳銃・弾薬等が展示されています。
b0023723_10375940.jpg

[PR]
by malate | 2004-09-22 10:36 | 町の様子
魚を売る少年。
フィリピン・サマール島のカルバヨグで、父親が釣って来た魚を売りに行く少年達です。安くて新鮮なのですぐに買い手は見つかります。
b0023723_16214715.jpg

[PR]
by malate | 2004-09-16 16:20 | 人々の暮らし
フィリピンの栗。
日本の秋の味覚の栗です。フィリピンでも少量が、ミンダナオ島の南東部で生産されています。ミンダナオの栗は個人消費の為に作られているので流通はしません。この写真はキアポの露天街です。栗は中国や台湾から輸入されています。
b0023723_4285767.jpg

[PR]
by malate | 2004-09-15 04:27 | 市場の写真