カテゴリ:風景写真( 25 )
カルバヨグ港の夕焼け、その2。
b0023723_149167.jpg

下の写真より右を写しました。言葉で表現が出来ない色合いの美しさが有ります。夕刻は雲の位置が夕焼けの美しさを左右します。快晴で雲が無くても美しい夕日が見られますが、この日のように一日中曇っていても夕日が沈む頃に雲の切れ間から太陽が見えると燃えるような空に瞬時に変わる事が有ります。この時の瞬間は感動します。貴方もカルバヨグの夕焼けを見に来ませんか?
[PR]
by malate | 2004-11-10 14:13 | 風景写真
カルバヨグ港の夕焼け。
b0023723_141812.jpg

フィリピンではマニラ湾の夕日が世界で最も美しいと言われています。マニラより更に南のビザヤ方面で見える夕日は、一段と赤さが強く見えます。この写真はサマール島のカルバヨグ港の入口付近で写しました。遠くに見える島は右がアルマグロ島で左がカマンドッグ島です。
カマンドック島に重なっている島はサントニーニョ島とレイテ島のビリラン島から近いマリピピ島です。
[PR]
by malate | 2004-11-10 14:06 | 風景写真
棚田、その2。
b0023723_1230493.jpg

少し移動をして、別の場所で写した写真です。バナゥェーは気温の関係で連作が出来ません。5月初旬頃から田植えをして9月から10月下旬にかけて米が収穫されます。バナウェーの棚田は日本の水田に近い生育状態なので季節を変えて旅行に行くと様々な作業風景も見られます。写真を写したのは5月2日ですから田植えが終わったり、水田に水が張られた状態のままで田植えを待っている水田も有ります。
[PR]
by malate | 2004-11-09 12:38 | 風景写真
世界遺産の棚田。(バナウェー)
b0023723_12143587.jpg

写真はフィリピンのルソン島北部のバナウェーの棚田ですが、壮大さには圧倒されます。バナウェーの棚田は規模は世界一で、始めて来た人が下から見上げると、天国迄と届いていると錯角するでしょう。バナウェーの棚田は水田に必要な水利も良く考えて作られていますし又、作業をする為の階段も各棚田の脇に作られていて上下に移動出来ます。
[PR]
by malate | 2004-11-09 12:27 | 風景写真
ビリラン島沖の鳥島。
b0023723_9141553.jpg

ビリラン島はフィリピンのビザヤ方面のレイテ島北部に有ります。レイテ島とビリラン島には橋が架かっているのでマニラからの長距離バスもビリラン島のナバル町に到着します。

ビリラン島の周囲には無数の島が点在しています。特にナバル町の沖には隆起溶岩が長い年月を経て波に洗われて作られた不思議な奇岩も有ります。この写真の島は、人が近ずく事が難しい程の険しい絶壁に囲まれています。このお陰で自然は長い間保たれていて、今ではナバル沖で海鳥の繁殖地の一つになっています。ボートは尖った岩が無数に海中にあるので容易に近ずく事が出来ませんが、海底を見ながらゆっくりと接近して行くと写真のように海鳥が一斉に飛び出して来ます。

最初に飛び出して来た鳥は視界を埋め尽くす程の多くの海鳥でしたが、シャッターチャンスが遅れて第ニ陣の鳥たちしか写せませんでした。このような雰囲気でしたと言う事を理解して頂けたら幸いです。
[PR]
by malate | 2004-11-09 09:34 | 風景写真
レイテ島・タイタイのロケーション。
b0023723_1812130.jpg

レイテ島の東海岸で南レイテ州とレイテ州の州境に有るタイタイと呼ばれている地域です。この付近は古い溶岩が波に洗われて奇妙な風景を形成しています。バンカーボートの人達は潜水漁をしてますが、アワビ等の貝類が採取されます。
[PR]
by malate | 2004-11-08 18:17 | 風景写真
サマール島南部海岸。
b0023723_2352776.jpg

マラブット・リゾート・ホテルのビーチから写した奇岩の一部です。この海には石灰岩が長い年月をかけて波に削られて出来た不思議なスタイルの岩が沢山有ります。ここには、ボートで内部に入れる鍾乳洞も有ります。
[PR]
by malate | 2004-11-04 23:59 | 風景写真
地図に無い橋。
b0023723_7355450.jpg

南レイテ州の東海岸のシラゴ町から4キロ北に進んで行くと、この場所に出ます。地図には道路が有ると、書かれていましたが、道路は山で作業をする為の細い道路で5キロ程先の小さな村で途切れました。この村はとても小さな漁村でした。子供達は水遊びをしている姿を椰子の木陰で大人達が雑談をしながら見守ります。そこに日焼け防止の為に覆面をした私が現れたので、皆は一瞬凍り付いたように私に注目しました。やがて、打ち解けて雑談の仲間に入り子供達の水遊びを見ながら「アボヨグに行きたいのだけど。」と言うと、「俺が送るョ」と青年が小さな両翼に竹のスタビライザーが付いたボートを指差します。「オォー、ラッキー」と言って、少し波が荒い海にボートはアボヨグを目指しました。
[PR]
by malate | 2004-11-02 08:21 | 風景写真
カルバヨグ空港の滑走路。
フィリピンのドメスチック空港の一つです。ローカルな空港にはレーダー設備や誘導設備が無い空港が有ります。カルバヨグ空港は滑走路のみの空港なので、突然のスコール等で視界が悪く成ると着陸を諦めてマニラに引き返す事が有ります。滑走路の上を飛ぶのは目視による安全確認の為です。カルバヨグへの航路はAsianspiritと言う航空会社が週3便飛んでいます。Asianspiritはエイジアンスピリットと発音しないと空港やチケットオフィスで通じません。(^-^)
b0023723_7043.jpg

[PR]
by malate | 2004-09-28 06:58 | 風景写真
マッカーサーmonument
レイテ島の北東部のパロの海岸に有るマッカーサーの像です。
b0023723_1739446.jpg

[PR]
by malate | 2004-09-25 17:38 | 風景写真