カテゴリ:風景写真( 25 )
カルバヨグの夕日
b0023723_004335.jpg

夕日を背景にした、カルバヨグの水上コテージです。岸辺から100メートル程先に有りますので蚊も寄ってきません。満ち潮に成ると腰迄水が来ますのでボートや竹で作られた移動用のフロートが必用に成ります。
[PR]
by malate | 2004-12-14 00:05 | 風景写真
西サマール島の海。
b0023723_2091114.jpg

フィリピンの海は紹介されていない美しい海やビーチが沢山あります。この写真は西サマールのサン・イシドロ付近で撮りました。左の住宅の下に石を積んでありますが、これは魚を捕まえる為の囲いです。満潮の時に囲いの中に入り、干潮の時に逃げ遅れた魚を確保します。この付近は岩礁が多く魚も豊富に居ます。又、透明度も高いので泳ぐ魚も見られます。写真の中央よりやや左に薄く写っているのはレイテ方面のビリラン島です。
[PR]
by malate | 2004-12-05 20:16 | 風景写真
サマール島の朝焼け。
b0023723_11591369.jpg

フィリピンの東部ビザヤに位置する、レイテ島タクロバン市の「レイテ・パーク・リゾート・ホテル」から見える、サマール島の朝焼けです。  
[PR]
by malate | 2004-11-27 12:00 | 風景写真
レイテ島、1000キロポスト。
b0023723_11532832.jpg

フィリピンの道路を走っていると、このような標識が目につきます。数字は、首都のマニラから1000キロ地点で裏にはビリラン(Bilian)町迄6キロ(B6)と言う事が表示されています。この標識で現在地点を知る事ができますし、次の町迄の距離が判ります。ちなみにのL11のLはレイテ島北西部のレイテ(Leyte)町の頭文字ですからレイテ町から11キロはなれていると言う事に成ります。この標識は1キロの間隔で建てられていますので、移動する時には欠かせない標識です。

追記:レイテ島やサマール島にはS.C.M,等の頭文字が続けて出て来る場所も有ります。南レイテのマーシン町は北からマタロム(Matalom)、マーシン(Maasin)、マクロホン(Macrohon)と3ケ所のMがあり、ぼんやりとして運転していると現在地が判らなく成る事が有ります。(^-^)  
[PR]
by malate | 2004-11-27 11:53 | 風景写真
ビリラン島、ナバル港の夕焼け。
b0023723_11485814.jpg

旅情を偲ぶとやはり1日の終わりの落陽です。ナバルはレイテ北部のビリラン島で一番大きな港が有ります。この写真は夕涼みに来ていた親子が戯れている姿を影絵のような感覚で撮ってみました。南国の夕焼けは綺麗なので何時迄も脳裏に鮮やかなオレンジ色が残ります。  
[PR]
by malate | 2004-11-27 11:50 | 風景写真
レイテ島、小さな川。
b0023723_11121317.jpg

レイテ島南部のリロアンから南西海岸に南下してサンフランシスコの手前の川でバイクを洗っている人を見つけました。この付近の水は清流のように澄み切っています。リロアンはレイテと陸続きでは無く橋で結ばれています。リロアンが有る島はパナオン島(Panaon Is.)と言います。マニラからバスでミンダナオ島のダバオに行く場合は必ずリロアンを通ります。  
[PR]
by malate | 2004-11-27 11:13 | 風景写真
セブ、マクタンブリッジ。
b0023723_855115.jpg

セブ空港はマクタン島に有ります。マニラからフィリピンの国内線に乗るとマクタン島に到着します。マクタン島からセブには2本の橋が有り、古い方の橋が写真のマクタン大橋です。現地では「オールド・ブリッジ」と言えばこの橋の事です。セブに行った人は渡った事が有ると思いますが、この角度からの写真はあまり見られた事が無いと思います。でも、下から見上げる橋も良いてすョ。(^-^)

セブ港の第一桟橋から第四桟橋迄はボーホール・レイテ・サマール等の離島便が就航しています。更に中形のバンカーボートも空いている桟橋から近距離の路線を移動します。北に向う船からはこのように橋を見上げる事が出来ます。

貴方も、セブとマクタンに架かる大橋を下から見上げてみませんか?
[PR]
by malate | 2004-11-27 09:06 | 風景写真
サマール島・マラホビーチ。その2。
b0023723_13485782.jpg


フィリピンのビーチではほとんど水中眼鏡を付けません。マラホビーチは特別に水中眼鏡を架けている人を多く見かけます。これは水中に謎が隠されています。

その謎とは、水中にいる魚の種類の多さです。私も借りて水中を覗いて見て驚きましたが、まるで熱帯魚屋さんのようです。指先程の小さな魚の群れが僅かな時間を隔てて次々と回遊して来ます。息が続かないのでブレスをすると一旦小魚は逃げますが、しばらくすると何ごとも無かったように再び列を作って泳いで行きます。

マラホビーチに来る時はシュノーケルのセットを持って来ると気軽に熱帯魚の自然に泳ぐ姿を見る事が出来ます。
[PR]
by malate | 2004-11-18 14:00 | 風景写真
サマール島・マラホビーチ。
b0023723_13331856.jpg

サマール州のカルバヨグ市の北部に有る、マラホビーチです。この写真はマラホビーチの左端から撮りましたが、この場所では野生の猿が時々見れます。耳を済ますと泣き声も聞こえて来ます。

マラホビーチはカルバヨグ市民の憩いの場所で土・日は座るスペースが無い程込み合います。お昼頃、海を見ていると島陰から小さな手漕ぎのボートが捕れたばかりのイカを売りにきます。調理器具を持って行けばイカの活き造りも可能です。この付近は魚の良い漁場で多くの漁師も住んでいます。でも、ほとんどが夜の漁なのでビーチから漁師の仕事風景は見えません。

貴方も、マラホビーチに泳ぎに来ませんか? 運が良ければイカの活き造りが食べられます。
[PR]
by malate | 2004-11-18 13:46 | 風景写真
カガヤン州、カラオ・ケイブ。
b0023723_941247.jpg

カラオ・ケイブはカガヤン州トゥゲガラオ近くに有る鍾乳洞です。写真は鍾乳洞の入口ですが、内部は広くてミサが行なわれる場所も有ります。カラオに行くにはトゥゲガラオの公営市場からジープニーが出ているので分りやすいと思います。ジープニーの出発時間は満員に近く成ってからなので時に寄っては2時間も待たされる事も有ります。

カラオでジープニーを降りても対岸に入口が有るので渡し船に乗る事に成りますが、これも待ち時間が有るので、カラオ・ケイブの見学は1日掛かりの行程を組んだ方が無難です。

カラオ・ケイブは、太平洋戦争当時に日本軍が金塊を隠したとの伝説が有ります。多くの人が探したそうですが、未だに発見されたと言う話は聞いた事が有りません。
[PR]
by malate | 2004-11-14 09:53 | 風景写真