カテゴリ:人々の暮らし( 16 )
サトウキビ車両の牽引スタイル。
b0023723_1120173.jpg

レイテ島のオルモックから少し北に行った場所です。この付近には製糖工場が有り貨車を利用して収穫したサトウキビを運んでいました。線路は縦横無尽に引かれていたので今でも廃線路の後を多く見かけます。トラックターが牽引しているのは貨車を改造してタイヤを付けた物です。3両も引っ張っているのでガチャガチャと喧しく走って来ました。  
[PR]
by malate | 2004-11-27 11:20 | 人々の暮らし
レイテ島、稲刈りの準備。
b0023723_11155319.jpg

レイテ南端のリロアンから東海岸に向って北上すると、岬の付根にセントベルナルド(St.Bernard)町が有ります。町の手前の畑で稲刈り前の準備をしている写真ですが、刈り取った稲を脱穀する機械も到着していました。かられは稲刈り前の食事をしています。フィリピンの田舎では、職人や労働者に御飯を出す事が良く有ります。勿論、オヤツも出される事が有ります。
[PR]
by malate | 2004-11-27 11:17 | 人々の暮らし
フィリピンのおばはん。
b0023723_7172295.jpg

アジアの女性はパワフルです。特にフィリピンは母系家族なので母親の家庭内での権力(?)は絶大な物です。この写真は田舎町のサリサリストアーですが、彼女らは経営と家事の総てをこなします。普段はのんびりとしているように見えますが、卸しの業者が来るとライターやボールペン等の不良品の文句を長々と述べた後に、○○の業者はライター(一ケース100個入り)にボールペンが10本サービスで付いていたけど、貴方は何もサービスしない。等と、宣まわられます。

クリスマスが近く成ると飼育していた豚が屠殺されて販売の為に小分けされます。豚を処理するのは男達ですが、母親は、秤の前で各々の肉を計量して細かくノートに記入します。数量の記入が終わると、子供達が近所に売りに回ります。勿論値段を決めるのは母親です。

おばはんが最強の力を発揮するのは、村祭りの当日です。招待客の為の料理を作るのですが、男達の出る幕は一切無く、家の中に入る事さえ許されません。家を追い出された男達は広場や路地の片隅で車座になって酒を飲んで世間話をします。お昼頃には料理も出来上がり、招待客も三々五々と集まって来ます。ここでも主人は母親で娘達や男達に料理の運搬や飲物の手配を指示します。

何やら纏まりの無い話に成りました。「おばはん」と言うテーマは難しいですョ。(ボソッ)
[PR]
by malate | 2004-11-19 07:49 | 人々の暮らし
フィリピンの女子高校生。
b0023723_11421912.jpg

リサールパークの海側で写した写真です。マニラの女子高校生に限らず、フィリピンの多くの地方の女子高校生のスカートの長さは、御覧のように踝が見える程度の長さです。日本は寒いのに太股が見える程の短さですね。フィリピンは暑いのに長い。実に不思議に思います。(笑)
[PR]
by malate | 2004-11-13 11:49 | 人々の暮らし
線路は商店。
b0023723_11333211.jpg

マニラ郊外のカランバ駅の周辺です。ここは朝夕の4便程の列車しか通らないので、朝の列車が通過した後の線路には、多くの商店が店開きをします。時には修理の為に回送される列車が来る事が有ると聞きました。

カランバにはホセ・リサールの生家が有ります。
[PR]
by malate | 2004-11-13 11:39 | 人々の暮らし
線路は歩道。
b0023723_118454.jpg

マニラのトンド付近の線路です。この線路はマニラ北港からタユマンの操車場迄の貨物専用の引込み線です。渋滞が多いこの付近では線路を歩くのは一番早い移動方法です。中には線路上に商品を並べて商売をしている人もいます。ここでは「線路で遊んではダメですョ」とか、「歩いてはダメですョ」と言う言葉は通用しません。
[PR]
by malate | 2004-11-13 11:13 | 人々の暮らし
漁港の荷揚げ。
b0023723_12115150.jpg

カルバヨグ漁港で魚の水揚げをする人です。年間を通して休みは無く、クリスマスや正月も魚は水揚げされます。漁船から写真のように頭に乗せて、岸壁に渡された細い板を渡って来ます。ここではフラッシュを使うのが気の毒でしたので、バックライトに成っていますが、それなりに面白い写真と思っています。
[PR]
by malate | 2004-11-12 12:17 | 人々の暮らし
タガイ・タガイ。
b0023723_1037223.jpg

ビザヤ地方では、夕刻に成ると地酒のトバやウイスキー類を仲間内で集まって飲んでいます。コップに注いだ酒を一つのコップで回し飲みをするスタイルです。日本の宴会でチョコで回し飲みする動作と同じような物です。このような飲み方を「タガイ・タガイ」と言います。

カルバヨグ近辺の習慣(?)はタガイをしている側を通る人には、「いっしょに飲みましょう」と声をかけるのが礼儀の様です。夕刻に散歩をすれば必ず数カ所でお酒を勧められます。断るのはとても無礼な事なので、つい一杯御馳走に成りますが、気が付いた頃はお腹一杯のお酒を飲んでいます。(^-^)
[PR]
by malate | 2004-11-03 10:48 | 人々の暮らし
コブラの骨の髪飾り。
ボントックの道路ですれ違った人がコブラの骨の髪飾りをして居たのでとうとう教会迄付いて行って後ろ姿を写真に撮りました。
b0023723_13155010.jpg

[PR]
by malate | 2004-10-03 13:14 | 人々の暮らし
コブラの骨。
b0023723_1344492.jpg

猛毒のコブラの骨で作られたアクセサリーです。初めて見た時は何に使うのか判りませんでしたが、ボントックに行けば、普通にヘアダイとして使われています。使い用によっては首飾りにも出来ますが、トゲが当たると痛いので少し無理が有ります。おばちゃんの後ろに見える木の枝に見えるのは、大きなエイの尻尾でムチを作る材料だそうです。叩かれたら皮膚が破れそうですね。
[PR]
by malate | 2004-10-02 13:49 | 人々の暮らし