朝日を浴びるマニラ南港。
マニラにはパシグ川を挟んで南港と北港が有ります。一般的な呼び名は南岸壁(桟橋)・北岸壁(桟橋)と、呼ばれています。写真はマニラ南岸壁です。外国からの軍艦が停泊するのに利用されていましたが最近は少し改良されて一部の長距離フェリーの発着にも使われています。

セブやミンダナオ島から大型のフェリーでマニラ北岸壁に着くとトンドを通る事に成るので全財産を背負っていると気が抜けませんでしたが、今は旅行者に取って比較的安全と言えます。
b0023723_15494722.jpg

[PR]
by malate | 2004-09-13 15:48 | 風景写真


<< キアポ教会の十戒。 インコ? >>