レイテ島、1000キロポスト。
b0023723_11532832.jpg

フィリピンの道路を走っていると、このような標識が目につきます。数字は、首都のマニラから1000キロ地点で裏にはビリラン(Bilian)町迄6キロ(B6)と言う事が表示されています。この標識で現在地点を知る事ができますし、次の町迄の距離が判ります。ちなみにのL11のLはレイテ島北西部のレイテ(Leyte)町の頭文字ですからレイテ町から11キロはなれていると言う事に成ります。この標識は1キロの間隔で建てられていますので、移動する時には欠かせない標識です。

追記:レイテ島やサマール島にはS.C.M,等の頭文字が続けて出て来る場所も有ります。南レイテのマーシン町は北からマタロム(Matalom)、マーシン(Maasin)、マクロホン(Macrohon)と3ケ所のMがあり、ぼんやりとして運転していると現在地が判らなく成る事が有ります。(^-^)  
[PR]
by malate | 2004-11-27 11:53 | 風景写真


<< 戦争で破壊された教会。 ビリラン島、ナバル港の夕焼け。 >>