サント・ニーニョ教会
b0023723_841877.jpg

セブ市のサント・ニーニョ教会です。撮影時間は午前6時半ですが金曜日なので早朝から人も多く近くでは多くの屋台が出ます。教会は東を向いて居るので朝の方が良い光線で撮ることが出来ます。

サント・ニーニョ教会は戦争による火災の焼跡から1565年に無傷で発見された幼児のキリスト像が守護神として祭られています。フィリピンの家庭を訪問すると幼児のキリスト像が飾られています。サント・ニーニョに対する信仰はとても深い物が有ります。

正式な名称は、Basilica Minor Santo Ninoで、16世紀末の建築物です。近くには有名なマゼランクロスも有ります。午後をから夕刻にかけては内部に入れない程混雑します。(金曜日の事です)

フィリピンに関しての御質問や知りたい事はフィリピン冒険旅行の掲示板にお気軽に書いて下さい。私の知る限りのお答えをします。
[PR]
by malate | 2004-11-18 08:22 | 歴史の有る教会


<< サマール島・マラホビーチ。 サン・セバスチャン教会。 >>